--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/06/10.Wed

「好み」という事実であり言い訳

ノベルゲームでですね、まだ読みきってないので何ともですが、少なくともここまで読んだ感想としてはめっちゃ面白いじゃん……!と思う作品があってですね、で、この作品あれ(こちらも大好きだった)に似てるなぁ……、と思ってたら、色々あってやっぱりほぼ確実にそれの影響を受けているであろう事がわかったんですよね~。

いや、好みは被るんだなと……。

きっとこの作者さんとは話が合うでしょう……!REVIVAL RESETの方向性もまさにこっちだし。

でねぇ……この好みって厄介だなと思うわけですワ。

人によって好みがあるのは皆さん認めるところでしょう。事実としてあるでしょう。

だから言いようによっちゃ、あなたが私の作品を面白いと思わなかったのは好みが合わなかったからです。と言えなくもないと思います。

けど、お察しのとおり、これは言い訳ともとれる。

事実として「好み」というものはあるんだけれど、それを主張しすぎる訳にも行かない。と。

例えば、経験豊富でめっちゃ人気を博している作品と、どっかの中学生が初めて書いた作品では皆前者が面白いと言うでしょう。それに対し、後者の作者がそれは好みのせいだと言えば、これはさすがにちょっと言い訳の色が濃くなる気がします。

土台のレベル>好み

なのです!(と感じる)

自分がノベルゲームを作り終わり、個人的に感じている事の一つとして、同人ノベルゲームで作りが良いと言われるような作品は実はどれも拮抗した実力であり、その人気はまさに「好み」で分かれるような程度だけれども、ごくわずかの作品ないし作家さんは土台のレベルから違うのではないか?という事。

自分はそう感じてます。

あぁ……こいつは強い……(確信)

みたいな。

……もしね、また次のネタが浮かび、作る際にはこの土台から進化したらなイカンなと。

土台から違えば、もはや力技みたいなもんで、あの作品は好みじゃないけど面白い、とかまで言わせられるんじゃないだろうか。それをやりたい。

自分の土台が低いと理解できた事は幸せな事なんだ一応。今まで見えてなかった更なる高みが見えたのだからなks!
スポンサーサイト
考察 | Comments(0) | Trackback(0)
2015/04/14.Tue

心理テストが出来る主人公?

REVIVAL RESETの主人公、瀧瀬君。

感想をもらうととかくイライラすると言われます^^

そんなにか!!そんなになのか!!?

要はネガティブだったり卑屈だったり弱虫みたいなところがそうさせるのでしょう。多分。

いや、まぁ、そう描きましたけどね?そうだけどぉ

そこまで言われるとは思ってなかった。

けど、当然とも言うか、イライラしないって人も別にいる訳です。

書いた本人である自分も当然と言うか、しない方です。全くしない。

まだ正式にリリースしていない時でしたか……知人にプレイしてもらい、ファミレスで話している時、こんな会話がありました。

知人「主人公って、ものらす君に似てるよね?笑」
も「似てるとこもあるかもしんないけど、俺はこんな良い人じゃないよ笑」

そう、私は良い人ではありません。いや、そこはどうでもいいです。

似てるってとこ。

正直似てるとこ多いと思います。

書き始めた当初は、主人公に自分を投影するのが何だかカッコ悪い事のように感じられて、絶対しないようにしようと考えていました。

でも実際に書いてみると、どうしても似てきてしまう。多分これは真逆の性格のキャラクターを描こうがどことなく似ると思います。

キャラクターの心情を描くという事は、どうしたって作者が普段見て、感じている世界が顔を出してしまうのではないだろうか。

いざ書くと、どうしても自分に似てきてしまう。その度、いかんいかん!と書き換えようとするのだけど、とにかくキリがない程、自分に寄ってくる。

しばらくした時、もう諦めました。じゃあ、もう似ましょうと。もちろん、全てが一緒な訳ではありませんし、違うところも色々あると思います。

で、そんな描き方の背景を持つ瀧瀬君が、よくイライラされるんです。つまりはです。

私の普段のものの見方は結構多くの人をイライラさせる。という事かもしれないのです!

何て事!!マジかよ!!確かに!確かに

「なんだかんだ皆明るく生きてるよな~なんでだろう?頭おかしいのかな?」(?!)

とか思ってたなぁ……。そうか、おかしいのは自分だったか。OK(?)。

そして、そう考えるとまた一つ面白い側面が見えてきます。

自分の近しい友達にゲームをやってもらった時、瀧瀬君にイライラすると言う人はほとんどいませんでした。

もしかしたらゼロかもしれない。

ふと思いました。

あぁ……自分の友達だからか……?

そう、瀧瀬君にイライラするという事は、自分にもイライラするかもしれないという事(爆笑)であり、もしそうなら自然と距離が置かれるのではないか……?とね……。

可能性の一つでしかないけど、ちょっと面白いなと……。

更にそれは同時に以下二つ、「ネガティブだったり卑屈だったり弱虫みたいなところを持つ人をどこまで許容する精神を持ち合わせているか?」、「自分自身のネガティブだったり卑屈だったり弱虫みたいなところをどこまで許容する精神を持ち合わせているか?」、にも繋がるのではないか?とも。

そう、このゲーム、この主人公は心理テストなのです。上記のような「人」「自分自身」を、どこまで許せるか?というね!

イライラする!つまりはちょっと許せないという方。私と会うとイライラしますよっ!そして、弱い自分ではいけないと自分自身を責めてはいませんかっ?!

全然イライラしないよ。という方。気が合いますね。友達になりましょう!自分の弱いところにも素直なのかもしれませんねっ!

さぁ、あなたはこの主人公、どこまで許せますか?w
考察 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/12/09.Tue

創作の欲求よ

まぁ、もう普通にリバリセは完成してる訳ですが、次のは作るの?となると、そりゃわからん訳です。

正直もうバテてるし作りたくない。

けどネタないんかと言われればそうじゃないんですよ。

丁度今年の欧州旅行の時、実は散々ネタをこねてたように、こういうのやってみたいなぁ……!ってのはあるんです。

こういう雰囲気のをやったら楽しいに違いない……!って。それはただ単純に自分がその世界を見てみたいから。想像していても結構わくわくする。

リバリセは違います。その世界を実際に見てみたいから作った訳じゃないです。

面白い作品を見て、昔からなぜか創作系は負けず嫌いだったので、自分の方が面白いのを証明したいというエゴです。

だから、どちらかというとその世界を実際に見たいからとかではなく、皆に面白いと何としても言わせてやる!本当に面白いものを作れるのは俺なのだ!!と言ったような動機が少なくないです。

話がそれましたかね?

まぁ、ネタはあるんです。だからこの目でそれが形になって、世界が動き出し、キャラクターが動いているのは是非とも見てみたい。自分自身で楽しみたい。今度は誰かに面白いと言わせるかとかは置いといて。もうその動機では作ったからね、リバリセを。……もちろんゲームである以上、面白さを全く意識しない訳じゃないけれど。

でも、形にするのはクッソ面倒臭いんです。今回リバリセを作ってノベルゲームという一見作業が少なそうなジャンルですら結構労力はいるもんなんだなというのもわかりました。

だから怖気づく(?)んですよね結局。形にしたいのは山々なんだけど、またこんな膨大な作業するんかぁ……?と。

よくいませんか?こんなシナリオ、ゲーム、ビジネス、をやったらいいに違いないw!って声高に言うけど何もしない人。

まさしくこれですよね。何もしない人は全くもって正しい。だってその通り、大変なんだもん。

ちなみに、いいに違いないw!って感覚は偽りですよ?実際やってみると、あれ……?^^;;思ってたより全然良くないじゃないか……!!やばい……!!って気付く事になります。
だから、いいに違いないw!って思い続けたければ形にしない事です。……自分らしからぬシビアな事を言ってしまった……。シビアな事嫌いなんですが……。だって人生は緩く生きたいではありませんか。頑張るって単語は嫌いですね。

とにかく、想像するのは簡単だけど、形にするのは大変なんですよ。その観点から見れば自分自身、二作も上げたのは本当に褒めてあげられるなというところです。

まぁ、知らなかったから出来たというのも大きいですが。

シューティングなんか出来るだろう^^→めっちゃ大変じゃん……orzでもここまでやったし何とか走り切ろう……!
ノベルなら出来るだろう^^→これはこれで大変じゃん……orzでもここまでやったし何とか走り切ろう……!

こんな感じ。

だから次、ノベルは出来ないんです。大変なの知ってるから。リバリセは知らなかったから出来たんです。走り出そうと思えたんです。楽だと思ったから。……いや、ノベルやるかもしれんけどね?だって確立ゼロ%なんて事、世の中ほとんどないんですから。

はー、やれやれ、構想はあるんだけどねぇ……。ムリゲーやー。

あ、リバリセの販売価格の構想もちょっとづつ考えてきてます。もう少しして変わらなければ発表ですかねー。
考察 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/08/31.Sun

リバリセ反省点

体験版を出して2週間経ちましたが、早速反省点みたいのが見えてきてますね~……。もちろん(?)良い感想、嬉しい感想もちゃんとあるので、ダメだったと責めすぎる事もないですが。
反省点はこれからももっと出るかもだし、完成版を出したらそちらでもまた出るかもですね。以下現在での反省点。

オープニングでの事件性が薄い:

もっと「えぇー!?」みたいな事をオープニングでいきなりかましてもよかったかなと。ちょっとした「謎」を匂わすオープニングだった訳ですが、もっと攻めた方がよかったかな……?

その後も「事件」が起きない:

事件はオープニングだけに留まらず、その後もあまりなかったかなと……。
ちゃんと計算して、人の興味を惹くであろう「イベント」は配置していたつもりですが、「事件性」は薄かったかな……?
冗長と言われる原因になっている感じがしています。本当にそれが原因かはわからないけどね。
そして更に、事件とまで言わなくとも、盛り上がるシーンがない。これは言われてみれば完全にやってしまった感がある……。
とは言え、「この作品盛り上がるシーン(事件と言ってもいい)ないのに面白いよね?」という作品も思い当たるので、上記が絶対悪なのかはわかりませんが。

で、この冗長にしろ盛り上がるシーンにしろ、もう少し状況把握をしたい気持ちでもあります。
というのも、まだまだ感想は数少ないとは言え、「冗長だから読むのをやめた」とはまだほとんど言われていないのです。まぁわざわざやめた感想を送る人も少ないかもですけど……。

希望的観測になりますが、もし「冗長だけど最後までやったよ」という人が多いのであれば、ある意味成功と言っていいのではないかと思っています。こちらは「でも最後までやったんでしょ?!w」と主張できるから。

でも「冗長だからやめた」という人が多いなら、それは完全にマズイなと。

言ったように「イベント」は配置しているつもりですし、そういった具合にやめられないように!とは一応思っていましたから、それらの工夫がどこまで引っ張ってくれたか……?と言ったところですねぇ。

思えば確かに前半は後半への準備と捉えていたところが大きかったですから、ちょっと準備を「しすぎた」のかもしれません。
準備をしつつ、もっとアグレッシブに!!……が正解だったかな?

前半は爆弾置きの作業です。こっそり、もしくは場所によってはわかりやすく読者の周りに爆弾を置いていきます。
そして、一通り爆弾を置き終わったら準備完了。起点とも言える爆弾を一発ドッカーーン!と爆発させて体験版終了。
後半は置いた爆弾を更に爆発させていく、という狙いですね。

前半は「置き作業」に徹しすぎたか……?
考察 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/06/18.Wed

ニコニコ動画のクリエイター推奨プログラム

なんか、無料であるフリゲを実況して、それで稼いでけしからんみたいな意見が出てるそうな。

知人とこの前もその話をちらっとしてきました。

で、私と知人、2人して、

全然アリだよね?と。

まぁ、せっかく無料で提供してくれてるものをお金に変えるとは!!と言いたくなる人の気持ちもわからんではないですが、フリゲ作者の視点から見れば結構違う気が?

フリゲは今や腐る程公開されています。それこそ毎日ぽんぽん出てきます。

で、恐らく……ですが、多くの作者さんは“どうしたら沢山の人にやってもらえるだろう……”と悩んでいるんじゃないかと思います。もちろん私もそうです。

そんな中、仮にお金目当てだったとは言え、自分のゲームを実況してくれる人が現われたら……?

再生数によっては……いや、再生数が1だったとしても宣伝効果はあると言えます。

フリゲ作者さんによっては、お金を払ってでも宣伝し、沢山プレイしてもらいたいと考える人だっているのではないでしょうか?私だって、そこそこの再生数を稼ぐ実況者さんなら何万円か払ってでも実況してもらいたい程です。

……にも関わらず、実況者さんは無料で宣伝をしてくれる。これはとても嬉しいです。

よって私は“クリ奨は何も問題ない”という意見です(現時点ではね。気持ちなんていつ変わるかわからないので)

と言いましてもそんなクリエイター推奨プログラムを調べつくした訳でもないので、勘違いとかもあるかもしれません。そんな場合は是非突っ込みを入れてください^^;

まぁ流石に大人気フリゲになり、合算再生数が何百万とかになってくると、「す、少しは分けてもらいたいなぁ^^;」と心が動きかねないかなとも思いますが……w
うん、でもいいですよ、とりあえずNONA MAGICだったら何百万でも稼ぎまくって(こんなゲームじゃ無理とか言うな)。有料配信とかでもいいよ。それにフリーで公開した時点で“私はこれで儲けなくていいです”って宣言してるようなもんだしね。開発めっちゃ大変だったけどwあ、でも実況するなら連絡とか貰って把握とかはしときたいかなw
考察 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。