--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/12/30.Tue

REVIVAL RESETのダウンロード販売について

タイトル通り、ダウンロード販売のお知らせです。

何せ、初めての試みなので、よくわからないところもありますが、特に問題なく順調に進められたなら、1月1日に発売するかも?です。一応販売希望日を1日にしたんですよ。これがちゃんと通ってんのかがわからん訳です汗

で、価格はこれも事前にお知らせしていた通り、元々である1500円よりも少し高く、税込1728円になるかと思います。多分……。んー……1836円……かも……?

…………。

でもこれ言っとくと、コミケで1500円で販売するより私に入る額は結っっ構少ないんですからね……?1500円より高いのにです!かなり販売側に渡さにゃならん訳です……。

まぁ、販売を代行してくれてる訳ですから、もちろん謝礼は渡すべきですが、どうしても「もうちょい安くしてよ~……」とも正直思います……。

また正式に公開や何か滞り?があれば随時お知らせしますね^^
スポンサーサイト
お知らせ | Comments(0) | Trackback(0)
2014/12/28.Sun

コミケ終了!

コミケ、委託ですが参加してきました。

委託を了承してくれた前田さんですが、今回のコピー本の出来があまりに悪いので、今までの本も含め、いかに前田さんの本がダメか事細かに叩きまくってしまい、温厚な人にも関わらず、たまに声が大きくなってきて、やばい言い過ぎた……!と思う事が今日だけで4、5回ありました。まさに普段ツイッターでフリゲを叩いてるようなノリでボコボコにしてしまいました、ごめんなさい。だって前田さん優しいもん。でもあれはクソ漫画です。

さて、リバリセ、完結まで走り切りました。ありがとうございます。何と言うか、本当によかったなと。

本当に前作ノナマジックの未完終了は怨念のように心に残っていたのです。今回、ちゃんと見せ切る事が出来て本当に嬉しいです。

そして、今の気持ちはと言いますと、それは「寂しい」になります。

これはそれこそノナマジックも同じでした。無限とも思えた地獄の作業が全て終わった12月のあの瞬間、私は嬉しさと共に寂しさがありました。

「もう自分はこのキャラクター達と走って行けない」

自分にとって完結こそがゴールであり、キャラクター達とのマラソンみたいなものなのです。(ノナマジックは第一部という意味では完結してる)

ゲーム作製は長いです。

つまり、心理的にはそれだけ長い期間、キャラクター達と走っているような感覚があるのです。

そして、キャラクター皆とゴールをする。

皆やったね!嬉しいね!

でもそれはそれだけ長く走った皆とのある種お別れでもあるのです。

……一緒に走ってくれてありがとう。でもここでお別れだね……。目標、達成出来たね……。

そう、もうゴール「してしまった」のです。だから私はもう皆とは走れない。感覚的には卒業式にも似ています。会えなくなる訳ではないけど、間違いなく一区切りではある……。

だから今の私は、皆と走れなくなる事がとても寂しい。

キャラクター達に入り込み過ぎた痛い制作者に見えるかもしれません。でも事実です。

……まぁもし次また走るとしたらそれは新しいメンバーででしょう。つまり新作。

でも今は特に作る気はありません。けど絶対作らないとも言いません。またやるかやらないか、それはわかりません。

こう言ってやめた事もありました。またやった事もありました。今回はどちらでしょう。今の私にはわかりません。

私は「今」やりたい事は何だろう?と考え、それをやるのみです。意外とこれを実行するのは難しかったりもしますが、人生の幸せにおいてこの行動方針は大切だと私は考えています。それが今現在の私の流派です。

寂しいですが、私は次の本当にやりたい事へ行きます。まぁそれは今はっきり見えてる訳でもないんですがね……。

いつかまた、何なら近いうち、再びゲーム制作に燃える事になるかもしれません。わかりません。

でもとにかく!!今は完結を見せられた事が何より嬉しくてスッキリしています。怨念は晴れたのです。

まだリバリセに関してはやる事もあるでしょう。ダウンロード販売もまだスタートしていない事ですし、感想を受け取るのだってやる事の一つです。

さぁ、おかげさまで走り切る事が出来ました。皆さんありがとう!そして、物語を演じ、一緒に走ってくれたキャラクター達、ありがとう。酷い役をやらせて、酷い事をしてごめんねw
進行 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/12/16.Tue

伏線論

はぁ……なんか書きたいけどなー。何書こう。

じゃ、偉そうに私の思うシナリオにおける伏線論を書いていいですか?あ、いい?ありがとう(?!)

いいか、伏線はな、「引いた瞬間」が命だ。回収した瞬間じゃねぇ。

え?!これどういうことだろう……?!

読者にこう思わせられる瞬間、つまり面白いのは引いた瞬間なんだ。

回収ももちろん見所ではある。だがミスりやすい。

というのも伏線は読者を期待させるからだ。

読者は知らず知らずのうちにその伏線に対し、期待をする。

あれはどういう事だったんだろう……?!すごい気になるなぁ……!!

こう読者は思っている。言い換えれば、こう思っている読者に対し、大したことない回収を見せてしまっては幻滅させてしまうということだ。そして、期待をしているのでちょっとやそっとでは驚いてくれないし、面白いと思ってくれない。

その伏線を引っ張れば引っ張る程、思わせぶりに描けば描く程、読者の求める回収のハードルは高くなるので、読者に面白いと思わせる難易度は高くなる。

相当な腕がない限り、伏線の回収は基本的に「つまらない」。

よくこの副作用を知らずに伏線を使用したが故に残念な事になる作品がある。

それは開始早々、一気に盛り上がり、面白さが爆発するが、中盤から失速し、エンディングを迎える頃には当初の勢いが完全に死んでいるタイプだ。

これは開始早々、伏線を張りまくった副作用である。

伏線は張った瞬間が面白い。伏線は回収は面白くない。

よって、序盤は伏線の効能により盛り上がるが、後半、その伏線の回収に迫られ、面白さが失速するのだ。

ガン○や進○の巨人がこのタイプに当たる。

伏線は見える伏線、見えない伏線、納得感(ご都合主義感の緩和)、引き、色々な種類、使い方、効力がある。

それらをちゃんと把握し、バランスよく使うのだ。とにかくこれだけは覚えておけ。

伏線の回収はつまらない。

あぁ、ちなみにこれは見える伏線についての話だぞ?見えない伏線についてはこれに当てはまらない。

見える伏線を使う意味は、回収で楽しませる事ではない(よほど腕があるならこれを狙ってもいいけど)読者の気を引き、そこで読むのをやめさせない事だ。

さて、そんな伏線の使用方法のお手本となるのがこちらの「REVIVAL RESET」(ダウンロード)です^^
是非勉強してくださいね^^
製作技術 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/12/13.Sat

REVIVAL RESETの価格について

ホムペのリバリセのページに書きましたので、もし気にしていただけている方がおられましたら、リンクからお読みになっていただけるといいかと思います。

こちら

色々私自身の考えも書きました。
お知らせ | Comments(0) | Trackback(0)
2014/12/12.Fri

VectorさんにREVIVAL RESETのレビューを書いていただきました。

こちら

もう本当にありがとうございますしか言えんわいね。

しかもこんなに褒めていただいて……。

ゲームをベクターさんで掲載するということは、相互利益であり、相手の為にもなってるけど、
こう色々してもらうと、もっと何かしてあげられたらしてあげないとなって思いますよね。

とにもかくにも、前作からお世話になります、ベクターさん。(様とは言わないスタイルwさんの方が親近感ある気がするからw)
ありがとうございますm(__)m
お知らせ | Comments(0) | Trackback(0)
2014/12/09.Tue

創作の欲求よ

まぁ、もう普通にリバリセは完成してる訳ですが、次のは作るの?となると、そりゃわからん訳です。

正直もうバテてるし作りたくない。

けどネタないんかと言われればそうじゃないんですよ。

丁度今年の欧州旅行の時、実は散々ネタをこねてたように、こういうのやってみたいなぁ……!ってのはあるんです。

こういう雰囲気のをやったら楽しいに違いない……!って。それはただ単純に自分がその世界を見てみたいから。想像していても結構わくわくする。

リバリセは違います。その世界を実際に見てみたいから作った訳じゃないです。

面白い作品を見て、昔からなぜか創作系は負けず嫌いだったので、自分の方が面白いのを証明したいというエゴです。

だから、どちらかというとその世界を実際に見たいからとかではなく、皆に面白いと何としても言わせてやる!本当に面白いものを作れるのは俺なのだ!!と言ったような動機が少なくないです。

話がそれましたかね?

まぁ、ネタはあるんです。だからこの目でそれが形になって、世界が動き出し、キャラクターが動いているのは是非とも見てみたい。自分自身で楽しみたい。今度は誰かに面白いと言わせるかとかは置いといて。もうその動機では作ったからね、リバリセを。……もちろんゲームである以上、面白さを全く意識しない訳じゃないけれど。

でも、形にするのはクッソ面倒臭いんです。今回リバリセを作ってノベルゲームという一見作業が少なそうなジャンルですら結構労力はいるもんなんだなというのもわかりました。

だから怖気づく(?)んですよね結局。形にしたいのは山々なんだけど、またこんな膨大な作業するんかぁ……?と。

よくいませんか?こんなシナリオ、ゲーム、ビジネス、をやったらいいに違いないw!って声高に言うけど何もしない人。

まさしくこれですよね。何もしない人は全くもって正しい。だってその通り、大変なんだもん。

ちなみに、いいに違いないw!って感覚は偽りですよ?実際やってみると、あれ……?^^;;思ってたより全然良くないじゃないか……!!やばい……!!って気付く事になります。
だから、いいに違いないw!って思い続けたければ形にしない事です。……自分らしからぬシビアな事を言ってしまった……。シビアな事嫌いなんですが……。だって人生は緩く生きたいではありませんか。頑張るって単語は嫌いですね。

とにかく、想像するのは簡単だけど、形にするのは大変なんですよ。その観点から見れば自分自身、二作も上げたのは本当に褒めてあげられるなというところです。

まぁ、知らなかったから出来たというのも大きいですが。

シューティングなんか出来るだろう^^→めっちゃ大変じゃん……orzでもここまでやったし何とか走り切ろう……!
ノベルなら出来るだろう^^→これはこれで大変じゃん……orzでもここまでやったし何とか走り切ろう……!

こんな感じ。

だから次、ノベルは出来ないんです。大変なの知ってるから。リバリセは知らなかったから出来たんです。走り出そうと思えたんです。楽だと思ったから。……いや、ノベルやるかもしれんけどね?だって確立ゼロ%なんて事、世の中ほとんどないんですから。

はー、やれやれ、構想はあるんだけどねぇ……。ムリゲーやー。

あ、リバリセの販売価格の構想もちょっとづつ考えてきてます。もう少しして変わらなければ発表ですかねー。
考察 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/12/01.Mon

リバリセバージョンアップしました。

http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/game/se508328.html

読める量を増やしたので、よかったらどうぞ^^

コミケ……コミケもうすぐ……CDどうしよう……印刷は……。

値段……?値段……うーん……ま、まだ迷ってるんです……orz

でも多分1000円か1500円……。

ネット上での配布……?あぁ……そうだったそれも決めなきゃ……候補は決めてるんですけど、具体的にどんな感じなのかもう一調べ必要すな……。

つーか、CDのジャケットとかちゃんとしようとすると原価高くない?!そんなすんの?!
進行 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。