--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/01/16.Fri

ゲームの存在感

リバリセの完成版をコミケにて発表、その後ネット上でも販売開始、と、まぁ一通り落ち着いた感ですね。

自分の中でゲームの存在が少しずつ薄くなってきている感じがしています。

まぁ、作ってもいないし、発表待ちなのもないですからね。

今後、自分にとってゲームが過去の物となるか、また再燃するか、どっちかなーなんて思ってます。

なんか流れ的に今度は小説書くとか言い出すかもね、なんて今日はふと思いました。

シューティング:ちょっと作業キツすぎ!!楽そうなノベルにしよう!!

↓(作曲なし、絵激減、プログラム激減)

ノベルゲーム:これもなかなか大変じゃねぇか!!

……となれば今度は絵もプログラムも削りそうだなとね。

でもなー……本って白黒じゃないですか?あれはちょっとつまらないですよね……。うーん……。

結局自分が作りたいのってシナリオなんですよね。ゲームじゃない。

ニコニコ自作ゲームフェスに登録していたあたりから思い始めた事です。

ゲームフェスは基本的にゲーム性のあるものを競ってると思うんです。

でも自分のってゲーム性は皆無だし、そもそもそこは一切作ろうとしていない。

いかに面白いゲームを作るかってよりは、いかに面白いシナリオを書くかという感じ。

「ゲーム」じゃないよね~、自分のって。

いつだって思い浮かぶのは面白いゲームのネタじゃなくて、面白いシナリオのネタだし。

「ゲーム」作るのが上手い人は多分おもちゃの開発も上手いと思う。けど、自分はおもちゃ苦手かもだな~w
スポンサーサイト
雑記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。