--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/04/14.Tue

心理テストが出来る主人公?

REVIVAL RESETの主人公、瀧瀬君。

感想をもらうととかくイライラすると言われます^^

そんなにか!!そんなになのか!!?

要はネガティブだったり卑屈だったり弱虫みたいなところがそうさせるのでしょう。多分。

いや、まぁ、そう描きましたけどね?そうだけどぉ

そこまで言われるとは思ってなかった。

けど、当然とも言うか、イライラしないって人も別にいる訳です。

書いた本人である自分も当然と言うか、しない方です。全くしない。

まだ正式にリリースしていない時でしたか……知人にプレイしてもらい、ファミレスで話している時、こんな会話がありました。

知人「主人公って、ものらす君に似てるよね?笑」
も「似てるとこもあるかもしんないけど、俺はこんな良い人じゃないよ笑」

そう、私は良い人ではありません。いや、そこはどうでもいいです。

似てるってとこ。

正直似てるとこ多いと思います。

書き始めた当初は、主人公に自分を投影するのが何だかカッコ悪い事のように感じられて、絶対しないようにしようと考えていました。

でも実際に書いてみると、どうしても似てきてしまう。多分これは真逆の性格のキャラクターを描こうがどことなく似ると思います。

キャラクターの心情を描くという事は、どうしたって作者が普段見て、感じている世界が顔を出してしまうのではないだろうか。

いざ書くと、どうしても自分に似てきてしまう。その度、いかんいかん!と書き換えようとするのだけど、とにかくキリがない程、自分に寄ってくる。

しばらくした時、もう諦めました。じゃあ、もう似ましょうと。もちろん、全てが一緒な訳ではありませんし、違うところも色々あると思います。

で、そんな描き方の背景を持つ瀧瀬君が、よくイライラされるんです。つまりはです。

私の普段のものの見方は結構多くの人をイライラさせる。という事かもしれないのです!

何て事!!マジかよ!!確かに!確かに

「なんだかんだ皆明るく生きてるよな~なんでだろう?頭おかしいのかな?」(?!)

とか思ってたなぁ……。そうか、おかしいのは自分だったか。OK(?)。

そして、そう考えるとまた一つ面白い側面が見えてきます。

自分の近しい友達にゲームをやってもらった時、瀧瀬君にイライラすると言う人はほとんどいませんでした。

もしかしたらゼロかもしれない。

ふと思いました。

あぁ……自分の友達だからか……?

そう、瀧瀬君にイライラするという事は、自分にもイライラするかもしれないという事(爆笑)であり、もしそうなら自然と距離が置かれるのではないか……?とね……。

可能性の一つでしかないけど、ちょっと面白いなと……。

更にそれは同時に以下二つ、「ネガティブだったり卑屈だったり弱虫みたいなところを持つ人をどこまで許容する精神を持ち合わせているか?」、「自分自身のネガティブだったり卑屈だったり弱虫みたいなところをどこまで許容する精神を持ち合わせているか?」、にも繋がるのではないか?とも。

そう、このゲーム、この主人公は心理テストなのです。上記のような「人」「自分自身」を、どこまで許せるか?というね!

イライラする!つまりはちょっと許せないという方。私と会うとイライラしますよっ!そして、弱い自分ではいけないと自分自身を責めてはいませんかっ?!

全然イライラしないよ。という方。気が合いますね。友達になりましょう!自分の弱いところにも素直なのかもしれませんねっ!

さぁ、あなたはこの主人公、どこまで許せますか?w
スポンサーサイト
考察 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。