--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2016/05/25.Wed

三章書き終わりました!

三章書き終わりました~!

1、2に比べて少し短めですね。短くなりました。不都合が出るほどではないので問題ありません^^

途中まではいいテンポで書けたのですが、終盤でむちゃくちゃ苦労しました……。

心境を捉え、把握するのが、何故か大変でした……ホント疲れた……。

さてさて、では1、2章に引き続き、簡単すぎる紹介を致します。

二章の主人公、那古龍輔からバトンをもらい、三章の主人公を演じるは大学二年生、都宮海(とみや うみ)です。男の子です。

中学の一時期はいじめからのひきこもりとなっていた彼、今はそれも脱却し、すっかり元気、明るい大学生となっております。

彼は昔から絵を描くのが好きでした。とても上手です。

しかし、同時にちょっと特徴的な目を持っていました。

色盲です。

彼は部分的に色が判断しづらいのです。

幼稚園の頃は、その目のせいで周りから色塗りが変ととやかく言われ、絵を描くのが嫌になりかけていました。

周りの言葉を気にするのは、彼のちょっと気弱だった性格も手伝っていたかもしれませんね。

しかし、偶然にも、そんな都宮君を救った近所の友達がいました。

朽木尋(くつき じん)がその人です。

都宮君と酷く対照的に、暴君な朽木君。

端から見れば、とても合うように見えない二人です。けれど合ったのです。

それはお互い、絵を描くのが大好きだったから。

性格面ではともかく、好きな事において彼らはぴったりだったのです。

朽木君が偶然にも、都宮君の絵離れ?を防ぐ役を演じることとなりました。

二人は一緒に絵を描き続けていました。都宮君が大学になった今なおです。

そしてある日、都宮君は朽木君にとある話を切り出されます。

その話に海君は驚き。

一体どんな話を切り出されたのでしょうか……? 二人の運命は……?

~~~~~~~~~~

はい……こんな感じです。

華がないって言うな!!

実を言うと、1章、2章に比べ、ちょっと滑ったかな……汗汗、と心配しております……orz

もっと面白くなる予定だったんだけど……汗汗

あるんですよねぇこういうの……。頭ん中ではめっちゃ面白かったのに、いざ書いてみたらそうでもなかったってやつ……。

……いや、きっとウケるはず……汗汗

人それぞれ好みがありますからね^^;;

そして、今回もとある重要な要素は省いて説明しています。

ここまで3人の主人公を紹介してきました。しかし、今作Sは、加えてもう一人重要なポジションのキャラクターがいるのです。

橘真琴(たちばな まこと)がその人。

彼女に関しては近々ご紹介できたらなと思っています。

この彼女のポジションこそが、1,2,3、と紹介してきましたが、同時に省いてしまった紹介の部分です。

さて、3章まで書き終わりました。

この後は、章構成がぶっ壊れます。というかそもそも章構成にしようとして章構成になったんじゃなくて、ベストな流れでシナリオを進めようとした結果、章構成になっちゃっただけなので、章とかはどうでもいいんです!

そして、この後は恐らくご紹介できないお話になっていきますので、このブログで書くことも出来なくなります。

代わりに先程の橘真琴の話やキャラデザなんかを紹介していくのはいいかもな、なんて思っています^^

では、続き!! めっちゃ書いていきますよ!!!!
スポンサーサイト
進行 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。